なたまめ茶の詳細

なた豆

なたまめ(鉈豆、学名:Canavalia gladiata)はマメ科の一年草。刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)、帯刀(タテハキ)とも呼ばれる。以前より漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになった。
夏に白またはピンク色の花を咲かせる。実の鞘は非常に大きく30cm〜50cm程になる。

福神漬け、健康茶、民間薬、メッセージ缶(種子にレーザーで文字を彫ったもの)等。 食用としては若いさやを食べる事が多い。薬効を目的にした場合は豆を利用する事が多い。 薬効としては血行促進や免疫力の向上などの他さまざまな効果がある。 また昔から膿を出す妙薬と言われており腎臓に良いこと、 蓄膿症、歯周病や歯槽膿漏の改善、痔ろうなどにも効果がある。 他の野菜の病害虫の防止用として周囲に植えられることもある。

豆類全般にいえることだが、ナタマメにも毒がある。 とくに赤なたまめ、タカなた豆、タチナタマメには毒が多い。食用とするのは白ナタマメといわれる品種である。 粗悪な健康茶などには注意が必要。また、メッセージ缶に用いられるものは食用に適さない品種が使われており、食べる事はできない。 サポニン、青酸配糖体、有毒性アミノ酸のコンカナバリンAやカナバリンなどの毒素が含まれている。

なたまめ茶


健康な人にこそ意識してとってもらいたい、なたまめ茶のミネラル成分、人体に不可欠なミネラルは健康維持には欠かせない なたまめ茶。
健康な腸がミネラル成分を吸収。よいサイクルを作り出す なたまめ茶は、お茶にすることで、なた豆の恩恵を最大限に受けとる。
なたまめ茶の ではじめて抽出されたアミノ酸 カホバニン、未熟だったり、衰えたりした免疫力を元気にしてくれる。
時間を追うごとにマウスのガン細胞が減少!コンカナバリンAのパワー、イニシエーション期にあるマウスのガン細胞実験
腎臓の働きに関与するたまめ茶の有効成分ウレアーゼ。
なたまめ茶は 腎臓の衰えからくるむくみや関節痛、高血圧が軽くなる!



さや・つる・葉を使わず、厳選した豆のみ使用 なたまめ茶



top